今では、SNSの利用をする際は、年齢認証が必ず義務付けられています。
面倒、個人情報が漏洩するかも!なんて思ってる方もいるでしょうが、
年齢認証は超簡単ですし、何よりこちらの個人情報なんて提出する必要なんて全くありませんよ!
ってことで、年齢認証の手順を簡単にご説明します!
免許証をお持ちの方は、以下3点だけ提示すればOKです。

1.生年月日
2.運転免許証と書かれた文字
3.○○県公安委員会

たったのこれだけです。では、画像で確認?。
赤枠で囲まれた情報だけでOKなので、写真や住所名前は付箋なんかで伏せて下さい。

nin01

ね?超簡単でしょ?これを送れば、年齢認証は終了です。
年齢認証を済ませておかないと、相手の返事が公開されなかったりと何かと不便ですし
必ず、掲示板に投稿する前に、年齢認証を済ませましょう。

また、免許証がない場合でも年齢認証は可能です。
以下の証明書があれば問題ありません。

・健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート
・外国人登録証明書
・年金手帳
・共済組合員証
・在留カード

パスポートで年齢認証する場合

nin001

保険証で年齢認証をする場合

nin002

年齢認証は、犯罪の抑制にもなっています。
年齢認証がない時代は、やり取りした女性が実は16歳だった!
という例もいくつもあります。
当然、気づいた時には時既に遅し!です。犯罪になっちゃうわけなのでw
必ず、年齢認証を済ませて利用をしましょう。

仮に、年齢認証をしなくても利用できるSNSは桜が満開か、犯罪の臭いがプンプンするサイトであることは言うまでもありませんw