愛人募集掲示板を使ってパパになりたいと思っている男性は非常に多いと思いますが、実際に愛人契約に至るのごく僅かな男性に限られています。
愛人という関係に抵抗があり、なかなか踏み出せないのが原因なのではないかと思います。
しかし、実際には援助をして欲しいと思っている女性は非常に多く、パパになってくれる男性の数が足りないような状況なんです。
少しでもパパになってみたい男性や愛人募集掲示板を覗いた事のある男性の為に、今回は「パパとして不倫相手と愛人契約する3つのポイント」を紹介したいと思います。
私の実体験と実際にパパとして愛人契約をしている男性へのアンケートを元にした内容になっていますので、出会い系サイトや掲示板の初心者の男性は是非参考にしてください。

初心者は出会い系サイトよりも愛人募集掲示板を使う

出会い系サイトで愛人募集をする事は間違ってはいませんが、初心者にはちょっと難易度が高いと思われます。
出会い系サイトは愛人だけでなく、セフレなどを求めている人なども登録しているので相手の女性とのマッチングがちょっと難しくなります。
愛人募集の初心者であれば、愛人募集掲示板を使って不倫相手を探す方が手っ取り早いです。
慣れてきたら出会い系サイトなどで幅を広げるのはOKだと思います。

不倫相手のパパとしてしっかり援助する

愛人契約を結ぶという事は相手の女性に対してちゃんとした報酬を払う必要があります。
もし、アナタが相手の女性に対して報酬を払いたくないのであれば、セフレとして不倫相手を探すべきです。
セフレはただのセックス相手ですが、愛人はセックス意外でも色々と支えてくれます。
色んな意味での支えが欲しいのであればちゃんとした女性と愛人契約を結びましょう。

契約内容は相手の女性としっかりと決める

意外に見落としがちなのが契約内容です。
アナタがもし相手の女性と愛人契約を結ぶ場合はちゃんと相手の意見を聞いてあげられますか?
もし相手の女性の意見が聞けないようであればパパになるのはまだ少し早いかもしれません。
金額面や禁止事項までしっかりと相手の女性と相談して契約内容を決めてあげる事は非常に重要な事です。

以上が「パパとして不倫相手と愛人契約する3つのポイント」です。
愛人募集掲示板を使って不倫相手を探す場合はしっかりと押さえておいてくださいね。