現在では女性が愛人募集する事が当たり前のようになっていますが、
女性の場合、相手の地位や名誉、お金を基準として愛人を選んでいる事でしょう。
ただそういった内容で愛人契約をしてしまうのは危険です。

相手を選ぶ際は十分に注意しましょう。

特に今の時代ではどういった男性が愛人になるかわかりません。
実際に付き合ってみると・・・

「思っていた相手と違う」
なんて事になり兼ねないので、
愛人契約をする際は、十分に注意する必要があります。
特にこういった男性には注意しましょう。

◆全てを見せない男性

どうししても地位や名誉を重点してしまうと
「どういった仕事をしているのか?」「どういった人なのか?」が見えない場合があります。
そういった男性こそ、注意が必要です。
愛人となる男性の大半は、そういったアピールをせず、
相手に不信感を抱かせる事は絶対にないでしょう。

少しでも不信に感じた場合は、愛人になる事は止めておきましょう。

◆よく自慢をする男性

先ほどでも述べたように愛人を募集する男性の場合、
「俺は稼いでいる」アピールは極力しません。

執拗にアピールしてくる男性ほど、
気が小さかったり、愛人の器ではない場合が多いので、
そういった男性は選択肢に入れないようにしましょう。

◆器の小さい男性

愛人になるような男性こそ、器が大きく
寛大な心を持っています。
どういった事でも寛大な心で受け入れる器があるからこそ、
愛人を募集出来るんです。

「この人、器が小さい・・・」と感じた場合は、
すぐに関係を断ち切った方が良いでしょう。

そして女性が愛人契約をする際には
以下のような事は必ず守ってください。

  • 職業や年齢、住まい等細かいところを把握しておく
  • 月にいくら等の契約条項を確認しておく
  • 不要な連絡は避け、相手の信頼を無くさないようにする

愛人とは難しい関係でもあります。
相手の事を尊重出来ないのであれば、
愛人としての関係を築かない方が無難でしょう。