愛人マッチングサービスのユニバース倶楽部がニュースで話題になってますね~。
NHK室蘭の女子アナ、山崎友里江がこのユニバース倶楽部に入会して複数の男性とデートを重ねていたという事でした。
調べてみると彼女は年齢が25歳でNHKへの入社がまだ一年目の新人アナウンサーで、年齢的にも程よく脂が乗ってきた女性といった感じでしたね。
そもそも女子アナって高給取りなイメージがありますので、単に『お金が欲しくて働いていた』という訳では無さそうですね。
彼女がなぜ愛人マッチングサービスのユニバース倶楽部に登録していたのかハッキリした事は分かっていませんが、NHK側もマズイと思ったのかNHK室蘭のHPは凍結されているようです。

ところでこの愛人マッチングサービスやユニバース倶楽部というものが気になってを調べてみたんですが意外な事実が判明しました。
今回はこの愛人マッチングサービスとユニバース倶楽部の真実について書いてみたいと思います。

ユニバース倶楽部とは超高級愛人マッチングサービスだった

愛人マッチングサービスとはその名の通り、愛人としての出会いの場を提供するサービスですが『ユニバース倶楽部』についてはちょっとだけ毛色が違います。
男性に関しては高額の入会金を支払って入会する超高級愛人マッチングサービスだったのです。
具体的に男性の入会に関する費用を見ていきます。

クラス 入会金 年会費 セッティング料金
standard 30,000円 20,000円 20,000円
gold 50,000円 30,000円 30,000円
Platinum 100,000円 80,000円 50,000円
Black 300,000円 160,000円 80,000円~

上記の料金を見ても分かる通り愛人マッチングサービスを利用するのには多額の費用がかかる事が分かります。
しかも、入会するのには『面談』が必要なようで、ご丁寧に全国の高級ホテルの場所まで記載されていました。

愛人マッチングサービスに関する私の見解

正直なところ私はこのサービスに関して怪しさしか感じないですね・・・
ひと昔前に流行った『高齢者に高級布団を売りつける』という商法に近い気がしますね。
相手が高齢だという事をいいことに何十万もするような布団を売りつけるというような商売なのですが『相手の弱点を巧みに利用した汚い商売』だと私は思います。
愛人マッチングサービスもこのサービスと同様に、会社社長や役員などの『お金はあるけど時間がない』というような弱点を巧みに利用しているのです。
実際に利用した事はないですが、そもそも本当に愛人を作る事ができるのでしょうか・・・

NHKの女子アナウンサーがこんなサービスに加担していた事はテレビ局にとっても大きなマイナスでしょうし、誰も彼女に良いイメージは持たないでしょう。
こんなに高額な費用の掛かる不確かサービスに登録するぐらいなら、普通の出会い系サイトに登録したほうがリスクが低いのは目に見えていますね。

ちなみに私は掲示板や出会い系サイトを利用してこれまで5人の愛人を作ってきました。 特別高額な費用が掛かった訳でもなく、普通に満足できる愛人と出会う事ができましたよ。
愛人マッチングサービスなどを利用せずとも素敵な女性と出会う事は全然可能なんです。
ちょっと長くなってしまいましたが、私がいつも利用しているのは華の会というサイトです。
この記事を読んで愛人マッチングサービスに関して私と同じように感じている人は一度覗いてみるといいと思います。
素敵な出会いは与えてもらうものではなく、自分で探すモノですよ。

matching