人妻の愛人募集に応じたら、「欲求不満な体を満足させるため、セックスしまくるに違いない…」なんて考えていませんか?そういう女性も結構多いですが、既婚女性は意外と『程よく遊べる彼氏役』を求めているケースが多くて、会ったとしてもセックスしない日も多々あります。

私がそういうタイプの愛人募集に応じたので、案外間違っていないと思います。私の愛人はM(仮名)という女性で、Mさんは夫と結婚して20年近くになるため、ぱっと見は円満な家庭に感じられますが…。

Mさんは自分たちの夫婦関係を「どっちかと言えば、利害の一致したビジネスパートナーかな?」なんて表現しており、あまりいちゃつくことはないみたいです。ビジネスパートナーなんて言うだけあって夫もMさんもバリバリ働いており、子供は仕事に差し支えるから作らないそうです。

そんな日々だからお金には困らないものの、子供がいない家庭は愛情が冷めやすいのか、20年が経過した今では夫婦の時間なんてないと話していました。それでも離婚しないのは『別れたほうが面倒が多いから』とのことで、ここまで仮面夫婦を徹底していると、なんだかすごいですよね…。

しかし、Mさんはいちゃつくのが嫌じゃないどころか、「本当なら、彼氏とか作って青春を謳歌したかったけどね」と笑っており、今になって愛人募集を開始したのです。女性はいくつになっても恋愛に憧れるものですが、Mさんだって同じでした。

だからなのか、Mさんと会うときはデートのほうが大切で、セックスはせずに終わることもしばしばです。もちろんデートが盛り上がってその気になれば、一緒にホテルへと向かうのですが…Mさんは性欲があまり強くないらしく、私が出して満足するとあっさり終わります。

人妻の愛人募集に応じるとセックスしないことも多い?

愛人募集で知り合った関係としてはかなり特殊で、男性からすれば「あんまりセックスできないなら、会う必要はあるの?」と言われそうですが、この関係が嫌ってわけじゃありません。デート中のMさんは無邪気で可愛らしいし、それこそ学生時代に戻ったかのように全力で楽しんでいて、こっちまで楽しくなるのです。

私もあまり恋愛とか経験してなかったので、この関係を結構満喫しています。それにいつか彼女ができたとき、この経験が役立つかもしれませんしね。

もしも愛人になるとしたら、どんなことを要求されるかはきちんと理解しておきましょう。自分が望まない関係になる場合、はっきりと断ることも大切ですよ。

なお、普通の愛人募集なら、セックスだけの関係がやっぱり多めですね。