私の仕事は建築関係でして、いろんな現場を慌ただしく飛び回っています。そんな私の数少ない楽しみは、久々に家に帰ったときのセックス…でしたが、妻は期間が空くとあまりしたくなくなるのか最近は誘ってもイマイチな反応です。

そんな私たちには子供もいないし、性生活については不満がありました。ただ、妻は私が留守の間もちゃんと家のことをしてくれるから、別れるのは難しいです。結局、仕事で忙しい私の性処理に役立ったのは、愛人募集サイトだったのです。

最初は「いくら仕事でいろんな場所に行くからって、愛人募集をするのはダメかなぁ…」と思っていました。しかし、妻が相手をしてくれない以上、出先で気軽に会える女性は欲しいですよね?というわけで、妻には内緒で愛人募集サイトを使ってみたのです。

愛人募集サイトにはたくさんの女性がいて、相手を探すのは簡単でした。私の出先で会えそうな女性に絞り、その人と交渉してみたら、お互いの都合も付いてすぐに約束できましたよ。

相手女性は妻よりも2つほど上でしたが、実際に会ってみるとむしろ妻よりも若々しく見えて、しかもスタイルが綺麗です。結婚してからはほかの女性を見ないようにしていましたが、やっぱり男は綺麗な女性を見ると元気になりますよね。

仕事が忙しい私には愛人募集サイトがぴったり!

愛人として会うだけあって、待ち合わせたらすぐにラブホテルへと行きました。今回会う相手は家からかなり離れた場所に住んでいるため、人目につく可能性はほぼありません。近所に愛人を作ると結構リスキーですが、出先の愛人だとこれがいいですよね。

セックスの内容についてですが、これは文句ありません。セックスにおいて常に受け身だった妻と違い、自分から口を使って奉仕してくれる様子は、まるで高級な娼婦です。本人は「やっぱり愛人になったのなら、相手も楽しませないと」と話しており、意識の高さが実に愛人らしいですね。

この女性のおかげで出先では欲求不満にならず、仕事も見事に成功させました。家に帰ったとき、妻に「なんだから調子が良さそうだね」と言われたときは、少しドキッとしましたが…幸いなことに愛人の存在はバレておらず、今も安心して会えています。

「本当に愛人になってくれる女性っているの?」と疑問に思う男性もいると思いますが、女性は自分を楽しませてくれる男性を常に求めているため、こちらも丁寧にしてあげれば、意外と応じてくれますよ。

普段は物足りないセックスをしている人こそ、愛人相手ならば丁寧にしてあげましょう。