愛人になる事で生活を充実させる事が出来ている女性はどれくらいいるか知っていますか?
実際に愛人募集をした事のある女性なら分かると思いますが、愛人になる事と生活を充実させる事は決してイコールではないのです。
むしろ、男性に遊ばれてしまったり相手の家庭との問題が発生したりするなど、愛人である事が逆にストレスになってしまう事も珍しくはないんですよ。
愛人という関係上、相手の家庭との問題まで発展してしまうと下手をすれば”裁判沙汰”にもなりうる可能性がありますので、決して軽い気持ちで考えてはいけないですよ。
しかし、そんな事を言っても『好きな男性が家庭を持っている』というぐらいで、その男性を諦めてしまうのは非常にもったいないですよね。
そういう場合は『その男性の愛人になる』という方法しかないと思いますが、勢いに任せて男性との付き合い方を間違えてしまうと大きな問題になってしまったりします。
そこで今回は女性向けに『愛人として大事にされる女性になるには何が必要か?』というテーマで、愛人になる為のコツと注意点などを書いてみたいと思います。
これから愛人募集をしよう思っている女性の方は是非参考にしてください。

男性には甘えられるだけ甘えよう

ここを大きく間違っている女性を良く見かけます。
もしあなたが独身の女性であれば、愛人の男性にはできる限り甘えましょう。
愛人を作る男性の共通点として多いのは
仕事が成功して裕福である
家庭はあるが、家庭での生活に満足していない
とにかく女性が好き
などが挙げられます。
この事から分かるように男性側は決して”不幸”だから愛人募集をするという訳ではなく、”ワガママ”を通したいという『欲』の為に愛人を作るのです。
一方、女性側は肉体的にも精神的にも大きなリスクを抱えて男性と付き合う事になります。
この時点で大きなハンデがある為、女性側は甘えて当然なのです。
好きなモノを買って貰ったり、ある程度のワガママを聞いてもらいましょう。
愛人である以上、女性側には『甘えられる権利』がある事は常に忘れずにいてください。

ワガママを聞いてもらえる付き合い方をしよう

上の内容に関係する事ですが、意外に甘えるのが苦手な女性は多いですよね。
男性にワガママを聞いてもらい易くするコツが何点かあります。

自分の全てを話さない

秘密主義は鉄則です。自分の全てを話てしまうと飽きてしまう男性は大勢います。
男性にとって分からない部分が多い程、男性はあなたの事が気になり女性の事を知ろうとします。
この時点で男性の上に立つ事ができるので、自分のワガママを聞いてもらい易くなるのです。

男性を上手く持ち上げる

男性はプライドが高い人が多いですよね。特に愛人募集をするぐらいの男性になると会社での立場も高く、『恥をかく事』を嫌います。
逆に男性は持ち上げてやるとなんでもしてくれるようになるんですよw
具体的には男性の”感性”や”仕事観”などを褒めてあげるのが効果的です。

いかがだったでしょうか?
男性はすごく”シンプルな思考”しか持っていないので、コツを掴めば簡単にコントロール出来ます。
愛人になる上で一番大事なのは『いかに男性の主導権を握るか』という事だと私は思います。
素敵な男性の愛人になれる事を陰ながら応援していますよ。