愛人を作りたいと漠然と考えている男性は少なくありません。
ですが、実際に愛人がいる男性がめちゃくちゃ多い訳でもないんです。
ではなぜ”愛人を作りたい”と思っている男性の数に対して”愛人を作れる”男性の数は極端に少ないのだと思いますか?
その理由は”愛人を作る事が出来ない”男性は『愛人を作る事が出来る条件』というのを理解していないのだと思います。
この『愛人を作る事が出来る条件』とは言い換えてしまえば『愛人として女性が付き合いたいと思う男性像』だという事です。
愛人になりたい女性に求められるモノが分からないまま、無作為に愛人を作ろうとしても成功する訳ないですよね。
『愛人を作る事が出来る条件』を理解する事で、愛人を作るにあたって足りないモノを補う事で成功率を上げようというのが今回の記事の目的です。
これから愛人募集をしようという男性やなかなか愛人を作れないという人は是非参考にしてください。

一番大事なのは経済力

シンプルですが、やはり『経済力』『お金』は女性にとってはかなり魅力的なようです。
いろいろな愛人関係がありますが、お金目的で付き合ってる女性の方が断然多いでしょう。
女性は本能的に”現実を見る”という習性があるので、男性よりもお金に対する執着心はかなり強いです。
どれくらいのお金を求めるのかは女性によって大きく変わりますが、最低でも高級ブランドのバックを定期的に買ってあげられるぐらいの経済力は必要ではないかと思います。
経済力があるというだけで寄って来る女性の数は大きく変わりますので、可能な限り仕事を頑張って経済力を見に着けましょう。
この方法がシンプルで一番近道だと思いますよ。

相手の女性の世話を出来る心の広さ

愛人になりたい女性が求めるモノで二番目に多いのが”心のよりどころ”です。
男性と愛人関係になりたいと思っている女性の多くはなにかしらの問題を抱えている事が多いです。
経済的な問題もありますが、精神的な面で支えになって欲しいと思っている女性もたくさんいますね。
このような女性は所謂”かまってちゃん”が多く、付き合う男性は『わがまま』や『おねだり』を聞いてあげなかればならず、それに答えてあげられるだけの心の広さが非常に大事になってきます。
年配の男性が愛人として好まれるの経済力だけでなく、この心の広さがあるからなんですよ。
男性側に年齢は関係はないですが、相手のわがままを聞いてあげられる心の広さを持った男性であれば女性に好かれる事は間違いないでしょう。

経済力以外の人としての魅力

お金がなくても愛人を作る事ができる方法がこれです。
私の個人的な意見としては人としての魅力がある男性は”最強”だと思ってます。
意外に見落としがちなポイントですが、女性を本能的に寄せ付ける魅力があればどんな女性でも愛人にできると思いますよ。

  • とにかくセックスが上手い
  • 仕事と私生活とのギャップがある
  • 流行に流されずに自分の世界観を持っている

などいろいろありますが、ポイントとしては『他人よりココだけは優れている、魅力的である』という事だと思います。
もし自分にそのような素質があると感じるのであれば、その素質を磨いてみる事を強くおすすめします。

いかがだったでしょうか?
是非参考にして愛人募集を成功させてくださいね。