最近の愛人募集ではパパ活をしている女の子を捕まえるというのが定番になってきていましたが、普通の愛人とは違いプチ愛人を作る場合に注意したほうが良いポイントが何点かあります。
プチ愛人やパパ活というと「軽い気持ちで遊べる愛人」というイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?
本当に「軽い気持ち」だけで遊べれば理想的なのですが、私の経験ではちゃんと考えて行動しないと男性側が思ってもいないダメージを追ってします場合があります。
そのような事態を避けるために今回は「愛人募集でパパ活している女の子と出会う時の3つのポイント」を書いてみたいと思います。
これから愛人を募集しようと思っている男性も、プチ愛人と上手くいっている男性もこの記事を参考にして自分の行動を確かめてみてください。

援助額や禁止事項をはっきりさせないパパ活をしている女の子は要注意

パパ活をしている女の子は年齢や性格はもちろんバラバラですが、プチ愛人にするにあたって注意する点は共通するモノがあります。
特に「援助額」や「禁止事項」をはっきりと伝えてこない女の子はかなり危険です。
愛人やプチ愛人は正式な書面を交わした契約ではありませんが、このような関係では男性の方が一方的に立場が弱いというのは覚えておいた方が良いでしょう。
「お金を払ってくれない」や「強引にセックスさせられた」などと男性の家庭や公的機関に女性側が話してしまった場合は一発でアウトです。
リスクを負わずにちゃんとしたプチ愛人を作りたいのであれば「援助額」や「禁止事項」などをはっきりとさせてから付き合うのが鉄則なのです。

恋愛対象として愛人を募集している女の子は危険

若い女の子にありがちなのが「彼氏にフラれた」「男に遊ばれた」などのネガティブな理由で愛人募集をしてしまう事です。
このような行動をとる女の子の共通点で’独占欲が強い’という事が挙げられます。
プチ愛人として付き合っていてもあくまで「愛人は愛人」なんです。
このタイプの女の子は’恋愛’と’愛人’の区別が出来なくなってしまう事が多く、嫉妬心で男性側の家庭に危害を与えてしまう事も考えられます。
愛人から恋人にする目的であれば全然構いませんが、あくまでも愛人として付き合っていきたいという男性はくれぐれも注意してくださいね。

割り切った考えを持ったプチ愛人を作るのがおすすめ

プチ愛人としてお互いが上手く付き合っていく為には「割り切った関係」という意識をもっておく事が実はとても大事なんです。
男性の場合だと割り切った関係を維持する事は難しくはないですが、女性はちょっと違います。
女性特有の「深い付き合いがしたい」と無意識に思ってしまうという点が一番のネックになってきます。
プチ愛人を作る際には女性側がちゃんと「割り切った関係」を維持できるかどうかを見極める事が一番大事な事だと思います。

いかがだったでしょうか?
以上の3つのポイントをしっかりと理解して、愛人募集を成功させてくださいね。