愛人募集で恋愛感情が原因で失敗
非正規社員で低収入なので、少しでも生活を安定させたいと思い愛人募集を利用する事にしました。
基本的にファザコン気味なので、昔から年上の男性に惹かれる傾向があります。
なので年上の男性の愛人になる事が出来るのは、私にとっては理想的だと思ったのです。

ですが惚れっぽい性格が原因で、せっかく愛人募集で条件のいい相手を見つけてもすぐに好きになってしまうのです。
疑似恋愛であれば何も問題はありません。
ですが愛人募集をしている男性の多くは既婚者ですし、フリーでも独身主義で結婚を望んでいない人ばかりです。
なので恋愛感情が発生した時点で、愛人として良好な関係を築けなくなってしまいます。
では私の愛人募集の失敗談について紹介します。

条件は自分だけを選んでくれること

掲示板で知り合った男性は会社役員をしていて、週に1回のペースで月に4回会う事で20万円の報酬をくれると約束してくれました。
ただし愛人を複数作らずに、愛人契約中は自分としかセックスをしない事が男性の条件でした。
月に20万円稼げるのなら、愛人は1人で十分だし凄くいい条件だと思いました。

契約を結んでからも最初のうちは上手くいっていました。
会社役員の男性は、いろいろプレゼントしてくれるし、美味しい食事にも連れて行ってくれて甘やかしてくれます。
セックスの相性もよく気持ちよくなる事が出来、それでお小遣いまでもらえるのですから最高ですよね。

ですがそのうち私は、会社役員の男性に恋愛感情を持つようになってしまいました。
そうすると週に1回会うだけでは物足りなくなってしまい、約束の日ではない時でも会いたいとメールをしてしまいました。
でも私が恋愛感情を持っている事が相手にもバレてしまい、連絡が一切こなくなってしまいました。

恋愛感情が愛人関係を終わらせるサインに気付けなかった

愛人募集で恋愛感情が原因で失敗
冷静に考えれば愛人から恋愛感情を持たれても困るだけで、割り切った都合のいい女性でなければ意味がないという事は分かります。
だから愛人は男性を癒す存在であり、決して重荷になってはいけなかったのです。

愛人のルールとしては、相手のプライベートに干渉しない事、当然恋愛感情を持たない事、都合のいい女である事を守らなければいけません。
ただ私の場合はどうしても年上の男性が好きだという事もあり、優しくされたりセックスの相性がよかったら同じように相手の事を好きになってしまう可能性がありそうです。
なので長期的な関係を諦めて、短期的な関係や1回限りの関係を求めている男性とだけ愛人契約を結ぶ事にしています。