愛人募集はお互いに合意の元で行なう事が前提の契約です。その為、相手の事も考えなければいけませんし、自分自身の利益も考えなければいけません。特に女性は愛人でそれなりの収入を得る為にはそれなりの作法だったり、ビジネスマナーは心得ておかなければいけないでしょうね。

実際に愛人募集を経て、月々に数十万以上も得るのは可能です。なので今回はその方法をお伝えしましょう。

月々数十万以上の愛人契約方法とは

まず最初にお伝えしなければならないのは『一人だけに孤立しない』という事ですね。

愛人募集をする事自体ビジネスとして考えた方がいいでしょうし、相手によっては数ヵ月から数年で関係が解消される事もしばしばあるようです。その為、一人だけに孤立している状態だと、感情移入を激しくしてしまいビジネスではなく単なる恋愛になってしまいます。

確かに単なる恋愛目的の一種として愛人を作るのであればそれでいいでしょうが、そうでないという方はこういった方法をとってみてください。

日割りでの愛人契約

最近の不景気で月々に決まった額というのはかなり珍しいようなので、狙うべき相手は中小企業の社長などでしょうね。そういった相手と契約を結ぶ訳ですが、大事なのは「月々ではなく日割りで契約する事」ですね。その方がいざ関係が解消される場合でも安心ですからね。

資格は武器になる

愛人を探している人の9割が気にしてしまうのが「マナー」だと言われています。イベントやパーティーなどの場で恥ずかしい子を連れて行きたくないのもありますし、そういった女性は何に対してもずぼらで僻みやすいかと思います。そこで作法の資格や秘書検定などの資格を得る事で、それが武器となり愛人として選ばれやすくなるわけです。もしかすると、その会社の社長秘書に抜擢される事もあるかもしれませんからね。

資格はなるべき取得していた方があとあとためになるかと思いますよ。

ワガママは数回に一度

愛人を作る場合、これ以上面倒な人は居ないと男性は思っているはずです。しかし相手の可愛いワガママを聞いてあげたいという事も稀にあるので、数回に一度程度の可愛いワガママを言うくらいは許されるでしょうね。それ以上になると・・あっさりと関係が無かった事になるなんて事もあり得るので気を付けましょう。

愛人募集で数十万以上得るためには

大事なことは『選ばれている』という自覚を持つことですね。

相手に対して誠心誠意尽くしてあげる事もそうですが、どういった人を選んで何人まで愛人として関係を作るのか?も重要です。稀に数十人以上も関係を持つ人も居るようですが、それでは相手にも失礼ですし、それ以上に関係が長く続く事があり得ません。

少なからず4,5人程度に留めておいて、そこからそれぞれの愛人と契約するのが得策でしょうね。相手に気に入ってもらえれば、それ以上の金額で契約する事は十分に可能ですからね。まずは上記のような事柄をしっかりと守って愛人募集に取り組んでみるのがいいでしょう。