愛人募集をする上で気になるのが「どういう女性なら愛人にしやすいか」という事だと思います。
手当たり次第に募集をかけていろいろな人に出会ってみるのもいいかもしれませんが、時間や手間を考えるとあまり賢い手段とは言えませんよね。
愛人募集を掛けると年齢も性格もホントに幅広い女性から連絡が来ます。
しかし、ホントに自分に会った愛人は10人中多くても2人ぐらいだと思いますね。
その20パーセントの女性のタイプを見極められたらもの凄い楽になると思いませんか?
そこで私がおすすめするのが”愛人にしやすい女性だけに絞って狙い打ち”するという方法です。
この方法で大事になるのは”愛人にしやすい女子を確実に見分ける”という事です。
ちゃんと見分ける事が出来ないといつまでたっても愛人を作る事ができないですよw
今回は私の経験を元にした「愛人募集で落としやすい女性=狙うべき女性」を書いてみたいと思います。
これから愛人募集をしようと思っている男性は是非参考にしてくださいね!

愚痴を言わない女性

愛人募集を掛けて連絡が来るメールで一番多いのが「○○って言います。寂しいので構ってください」という内容のもの。
一見、受け身でこちらに従順な感じにも見えますが、この手のタイプの女性は所謂「かまってちゃん」がほとんどです。
仮に付き合う事になっても相手の不満のはけ口になってしまうだけで、こちらの要求は聞いてもらえず不満が溜まるばかりです。
逆に愚痴をあまりこぼさない女性は普段の生活は安定していますが、普段の生活に刺激を求めているタイプの女性が多いです。
このタイプの女性はこちらがあまりアクションを起こさなくても愛人にする事が可能です。
そういう女性と付き合った場合は普通の恋愛では体験できないセックスも含めて過激な体験ができるでしょう。
愛人を作ることの醍醐味はまさに”過激な恋愛”だと私は思います。

マメな女性

マメな女性は仕事や私生活もキチっとしていて無意識のうちに”大胆な事”や”遊ぶ事”を避けるようになります。
そういう女性はやり過ぎと思うような強引な誘い方をしてあげると簡単に落とす事が出来ます。
メールの文面や服装などがシッカリしている女性はまさに”狙い目”です。

愛人募集に関するノウハウはたくさんあり過ぎて一回では書き切れそうにないので何回に分けて書いていきたいと思います。
「愛人募集で狙うべき女性」についてはまだまだ書いていきたいと思いますので、また次回書きますね。