私が愛人関係になったのは29歳の若手実業家の方でした。常に冷静で仕事では冷めた目つきでいる彼でしたが、私と一緒に居る時は全くの別人でした。「お前と一緒に居ると安心するよ・・」といつも言ってくれていましたけど、本音で言えばあまり信用はしていませんでした。今までの経験上、そうやって容易く言葉にする人って結果的にカンタンに捨てますからね。

愛人こそまさに割り切って付き合うのが一番だと思っています。それにベッタリとした関係が苦手な人や、人をあまり信じられない人なんかには凄く付き合いやすい関係だと思いますよ。私がその実業家の彼と出会ったのは知人に紹介されたとあるパーティーでした。その場で声を掛けられ、頻繁に連絡のやり取りをするようになり、彼から話を持ち掛けられて付き合う事になりました。仕事は出来ますし見た目にも悪くない人だったので、いいかなって感じでしたね。。

ただなぜ彼を信用していないのか?というと、以前に愛人関係にあった人が原因なんですよね・・・。

数年前に関係を持っていた人が居ました。その人も同じようなタイプの方で常に「お前を幸せにしてやるからな」と言っていました。はじめはそれを鵜呑みにしていましたけど、いつまで経っても実行に移してくれない彼でした。そして我慢できずに思わず問い詰めてしまってんです・・。すると「わかってるよ・・」と嫌悪感たっぷりの顔でそう言われました。それからしばらくしてパッタリと連絡を取れなくなった感じだったので、それ以降は信用しない事にしたんです。

正直なところ、相手はあまり信用しない方がいいですよ。

本気にし過ぎて結果的に何の意味もない時間にしてしまうよりも、しっかりと相手を煽ててあげてそれなりのモノを貰った方が何より健全だと思いますよ。私が出会ったのは知人に紹介されたパーティーでしたが、それでも最近では出会い系サイトだったり、SNSだったりでカンタンに見つける事が出来るので、少し前に比べても非常にカンタンになっていますよ。一番に言える事は信用し過ぎないという事だけですね。それ以外は気楽に関係を作れば意外に楽しめる関係になりますよ。