愛人募集をするのなら、やっぱり『重くない女性』がいいですね。私にも妻がいるのですが、愛人募集をするからと言っても別れるつもりはないし、本当に遊ぶだけの相手が欲しいのです。そうなると、本気になられては困りますよね?

愛人募集ができるサイトにもいろんな女性がいまして、中には正式な交際を求めてくる女性もいるらしく、相手は慎重に探さないといけません。私も相手選びには結構な時間をかけたので、ほかの人よりも愛人を見つけるのに手間取ったと思います。

そうした苦労もあってか、私が見つけたのは『ノリがいい愛人女性』でした。この人はまだ結婚していない20代の女性で、まだまだ遊びたい盛りらしく、交際や結婚といった重いことは求めていません。やっぱりこれくらいの年代のほうが、愛人に向いていそうですね。

そしてノリがいいだけあって、セックスでも明るく、それでいて気軽にエッチなお願いができます。妻とのセックスがマンネリ化したのも愛人を探すきっかけだったので、こういう一面があるのは素直にありがたいですね。

この愛人とは、大体毎週木曜くらいに会っています。本当なら金曜に会ってしっぽりと楽しみたいのですが、仕事以外での外泊が難しいのも既婚者の悩みですよね?だから木曜の夜に会って、遊んだらサッと別れる感じです。まるで風俗を使う感じですね。

愛人募集で見つけたノリがいい女性

相手も私のそうした楽しみ方を許容しており、ノリノリで「今日もあなた専属の娼婦として頑張ります!」なんて言ってくれます。自分でこんなことを言ってくれる女性なんて、愛人くらいしかいませんからね。

その言葉通り一緒に入浴したら、全身泡まみれで抱き合いつつ体を洗います。こうした方法で仕事の汗を流すと、疲れも一気に吹き飛びそうですね。

ちなみにこの愛人はコスプレが好きなのか、ラブホテルに用意されている衣装を自分から着てくれて、目の保養をさせてくれます。妻にコスプレなんてお願いしたら、ますます倦怠期が悪化しますからね。

そして愛人と私が満足したところで、ラブホテルを出て家に帰ります。妻にバレないか少しだけ不安ですが、結婚当初と違ってベタベタしないおかげで、今現在までバレた様子はありません。もしかしたら、妻も「面倒を起こさないなら遊んできてもいい」くらいに考えているのかもしれませんね。

なんにせよ、今はとても快適に愛人とも遊べています。セックス相手に困っているなら愛人募集をしてみると、案外いい感じの女性と会えるかもしれません。