愛人募集で見つけたのは医大生の子でした。彼女とは結果的に6年弱、関係を持っていましたが、今でも稀に連絡のやり取り程度はする事があります。その時の体験談を少しお話します。彼女は元々、実家が貧しくさらに母親が蒸発し、父親は病に倒れ入院を余儀なくされている環境の子でした。最初に会った時はどこかの清楚なお嬢様なのかな・・と思っていましたが、実際はかなり深い闇を抱えた子でした。

しかし、なぜそこまで闇を抱えた子と愛人関係にあったかというと、彼女自身が非常に明るく、そういった素振りを一切見せない程の気力溢れる子だったからです。そんな環境はなかなか経験出来ない事ではあると思いますが、それでも気丈に振る舞っていたのだと今考えれば思います。私が仕事で色々と疲れているのを察すると、「気にしないで!前向いていこうよ!」といつも励ましてくれるような子でした。そんな彼女は料理が凄く上手で、医大生という事もあって非常に頭の切れる子でした。何かと仕事で悩みを抱えたときは彼女に相談する事もしばしばあったくらいです。私がもし・・結婚していなければ、恐らく彼女のような子を嫁としてもらっていた事でしょう。

彼女には月々で数十万円という契約で愛人関係を築いていましたが、それでもそのお金のほとんどが父親の医療費で消えてしまう程の貧しい生活をしていたので、出来る限り私は彼女に尽くしてあげました。色んな場所へ連れて行ってみたり、夜景に綺麗なレストランで食事をしたりと・・。又、私はあまり乗り気ではなかったのですが、彼女のたっての希望で何度か体の関係を持ったこともあります。そこまで酷な事をさせるわけには・・と思っていましたが、彼女は「でも、それが普通じゃないの?全然普通にしてくれた方が嬉しいよ」と言ってくれました。

今ではしっかりと医者として活動をしているようですが、未だに独身貴族という事も聞いています。彼女自身も愛人という関係をもってしまったが為に「正直、結婚はあまり考えられないかな・・」と電話で漏らしていました。それはそれで彼女の人生です。私は彼女が元気で過ごしていればそれでいいと思っています。少々長くなってしまいましたが、こういった愛人関係を持った子との体験をさせて頂きました。今では出会い系サイトで出会える程になったので、愛人という関係もよくなってきているのでしょうね。