近年の愛人募集ではプチ愛人なるものが流行っており、これは男女共にメリットがある関係のようです。
しかしこういった関係を築く上で女性に気を付けて貰いたいのは、期間を設ける事です。
又、愛人として契約をしたからといって毎回会うような関係は避けた方がいいでしょう。

初心者でも始められる週2愛人とは

愛人=定期的な関係もそうですが、女性もある程度の収入があって良いと思います。
しかし当サイトでも説明しているように最近では「月々での契約」は非常に困難な状況になっているので、
短期間だけで契約を結ぶ方がより低リスクなのは間違いありません。
その中では「会う回数」もある程度決めておく方が良いのですが・・それが週2での愛人契約です。

愛人募集の方法とは

しかしこれにはある程度の条件が必要になってくるので確認しておきましょう。

  • 何かしらの共通点がある(特技や趣味など)
  • 男性の方が女性より5歳以上年上である
  • 職業が平均収入くらいの相手である

なぜこういった条件があるのか?というと・・
まず、1に関して言えば互いに共通のモノがあると関係が成り立ちやすいからです。
例えば、同じ資格を取得しようとしていた等ですね!
お互いに苦労も分かり合えますし、「資格を取ったら関係を解消する!」と約束しやすいので、
短期間での愛人関係も結びやすいという事です。

また、2や3に関しては大人の風格はもちろんですが、
あまり高収入の人を相手にすると、融通が利かなかったり一方的な関係で終わってしまう事があるからです。
裏を返せば、お金にも余裕があるから「君じゃなくてもいいんだよ?」と
上から目線で扱われてしまう可能性があるという事ですね。

愛人条件に合った人は最適

上記の条件で探し、相手が見つかればそれはかなり理想の相手となるでしょう。
ただデメリットを強いてあげるとするならば、
半月に一度くらいの感覚で相手を探さなければならないので、
そういった時間が惜しい方は、定期的な愛人を募集した方がいいでしょうね。

しかし近年ではそこまで高収入の人もなかなか見つからないのが現状なので、
ひとまず、こういった愛人で手を打ってみるのも一つの方法だと思いますよ。