“夢”と言い放つと少し大それた表現になってしまいますけど、愛人って欲しいですよね?そんなのは必要ないと豪語する人は新婚さんですか?それとも、自分には縁がないことだからと諦めた上での発言?
私は愛人が欲しいと思ったことがありますし、実際にそういう人がいたこともあります。あ、現在進行形で愛人がいます。トータルで3人だけですが、いましたし、今もいます。

セックスフレンドとどう違うのかと問われると、わかりません。

セフレと呼んでもいいかもしれないけど、私は結婚していて相手は未婚だったり人妻だったりと立場は違ったのですが

なんとなく男として格好いいかなという理由で“愛人”と表現しているに過ぎません。

どうやって女性を手に入れたかというと、ネットです。ネットでの出会いです。

愛人募集に特化した掲示板や、特化とまでは言わないけど、その願望を持った男女が集まるサイトがあるので、そこで手に入れました。

愛人募集と聞くと、男性が掲示板に書き込むイメージが強くありました。

「私の愛人になってくれる方を募集します」、「愛人契約を結びませんか、損はさせません」など。

しかし、実態は少し違いました。もちろん、そういう男性からの書き込みが多くを占めています。

ところが、中には

女性が愛人募集をしているケースもあったのです。

女性が募集するケースは2つのパターンに分けられている点も見逃せません。

「私を愛人にしてくれませんか」、「契約を結んで可愛がってくれる男性を探しています」など

既婚男性とお付き合いしたい女性、愛人として迎え入れてもらいたい願望を持つ女性のパターンと

「私の愛人になってくれる男の人、待ってます」、「かわいい男の子、いませんか?愛人になってください」など

女性が既婚者であり、それでもお付き合いをしてくれる男性を探しているパターンの2つです。

後者は、傾向としては年下男性を探しているのでしょう。

私とは縁がなかったのであまり詳しいことはわかりませんが。

私はいずれも自分で愛人募集をして女性を手に入れました。

自分から積極的に愛人になりたいと言っている女性を私は信用できないと心のどこかで感じているのかもしれません。

ただ一つだけ言えることは、どんな出会い方であれ、「愛人はいいですよ」ということです。

手に入れてみてわかりました、気持ち的にも身体的にも、生きている感じがするようになりましたから。

だから3人目の愛人も作り、関係を継続しているんです。

もし今の女性との関係が無きものになっても、私は4人目の女性を手に入れようとするでしょう。

愛人募集は男性から?それとも女性から?