愛人募集をする上で禁止されている行為があるのを知っていますか?
愛人をまだ作った事のない人にはなかなかイメージが湧きにくいものだと思います。
掲示板やサイトにも明確に明示しているところも極端に少ないですし、”愛人を募集するもの同士の暗黙の了解”のような雰囲気になっているので余計に分かりにくくなっています。
なにも知らずに愛人募集をしていたら女性に会えないだけでなく、思わぬトラブルに発展してしまう危険性もありますのでしっかり理解しておいた方が良いでしょう。
今回は私の経験だけでは物足りないので、私の知人から聞いた話なども元にして『愛人募集する上での禁止事項』を書いてみたいと思います。
これから愛人募集をしたいと思っている男性は是非参考にしてくださいね。

掲示板や出会い系サイトでは『金銭のやり取りを条件とした取引』ほ禁止

愛人募集の掲示板などを見ているとたまに「体売ります」や「3万でどうですか?」など金銭のやり取りを条件とした書き込みを見る事があります。
分かる人にとっては常識ですが、普通に犯罪です。
こういう書き込みをしている人は業者もしくはサクラの可能性が大なので連絡する価値は全くないでしょう。
”愛人契約”という言葉がありますが、これはあくまで「愛人として付き合っていきますよ」という意味であり、「お金を払って付き合う」という意味ではありませんので注意してくださいね。
仮にこちらがそのような書き込みをしたとしても掲示板からのペナルティーを受けたり、犯罪として罪を問われる可能性もありますので絶対に行わないでください。

愛人として付き合うならプライベートを詮索しない

愛人募集する人の多くは”なにかしらの問題”や”知られたくない秘密”を抱えている事が殆どなので、相手のプライベートを詮索するような行為は避けるのが鉄則です。
出会う前に相手の事を深く知ろうとするのはもちろん、愛人として付き合っていく中でもタブーとされています。
ですが、相手から「もっと私の事を知ってほしい」という事でプライベートな事を教えてくれるという場合はあります。
そのような場合は相手がこちらの事を信用してくれている証なので、より深い関係で付き合っていくことができると思います。
もし、相手の事を深く知りたいと思ったら”相手の事を大切に思う”ような行動を心掛けてください。
そうすれば相手もこちらの事を信用してくれて、プライベートな話もしてくれると思いますよ。

個人情報はむやみやたらに登録しない

愛人募集に限らずですが、現在知らない人で出会う事が出来るサービスがたくさんあります。
必ずと言っていいほどメールアドレスなどの個人情報を登録する必要がありますよね。
メールアドレスの場合ですとそれほど危険性はありませんが、本名や住所、電話番号などを登録する場合は細心の注意が必要です。
掲示板や出会い系サイトには個人情報を集めるだけの”業者”も一般人に紛れています。
そういう業者は個人情報を集めて収益を得ているのです。
思ったより身近に潜んでいるので十分に注意するようにしてください。

いかがだってでしょうか?
禁止事項の認識がある人と認識の無い人では出会える確率やトラブルを起こす可能性は全然違ってきますので、愛人募集をする際は是非参考にしてくださいね。