近年、愛人は職業化している。という事が言われているくらい出会いが盛んに行われているのが現状です。
その中でも定職についていながらも出会いを求める女性がいます。これは一体なぜでしょうか?
愛人=お金で結ばれた契約。というイメージがあると思いますが、そういった事でもないようなんです。

俗に言う「パパ探し」とは全く訳が違います。

というのも、パパを求めるような女性こそ、男性と金づるとしか思っていません。
それ以上にもう老い先短い方に対して必要にアプローチをして、
財産から何からを全て自分の手にと思っている人もいるでしょう。
こういった「パパ探し」のような女性と関係を持ったとしても決していい事などありません。
こういう考えの女性は性格の一部が欠落したかのように、
思った何十倍も性格が悪い人がほとんどです。
もっと真面目に素敵な人と関係を持ちたいのであれば、
「愛人募集」をすることがよいでしょう。

最近の愛人募集は非常に変わっています。

というのも、相手を求める女性の7割以上は今も定職についている
ごく普通の一般女性だからです。

中には役職についている人までいるようです。

なぜそういった人たちが愛人を募集するのか?というと・・
近年の「賃金低迷」が主な原因だと考えられるでしょう。
特に一般的な企業に勤める女性の平均月収は約15万円程度と言われています。
※地域によって異なりますが、平均はこの程度です。

仮にこういった女性が一人暮らしをしている場合、
家賃から光熱費、食費、通信費や雑費等々・・
細かい部分でお金が必要になってきます。
最低限支払いをしなければならないものから考えると、
その賃金ではとても生活出来る状況ではないという事です。

まー女性はちょっと贅沢思考がありますし、
自分磨きもしたいでしょうから、そういった部分でお金も使いますしね。

このような事から女性が考えたのは
「どの部分が一番削れるか?」という事です。

一番削りやすいところで食費といったところでしょうか。
ただ「腹が減っては戦は出来ぬ」というように
何も食べない状態で仕事をしていると、ただ栄養失調で倒れてしまい、メリットどころかデメリットしか出てきません。

その為、愛人という人を見つけてご飯をおごって貰ったり、
ちょっとお買い物に付き合って貰う事で、少しずつ節約していくという方法ととる。
それが愛人という選択肢に至り、今の「愛人募集する人の増加」につながっているのでしょう。

これはあくまでも個人的な見解ではありますが、
あながち間違った回答ではないと思います。

どれだけ多くの人が生活するのに必死になっているでしょうか?

色んなものが値上げ、さらには増税等で生活が圧迫されている中で、
少しでも色んなものを節約する為の女性の知恵が愛人という事です。

ただただお金が欲しい訳ではありません。生活の一部として必要なお金なんです。
少しでも心に懐に余裕のある方は
女性の力になってあげても良いのではないでしょうか?