自分が必要としたときに、わざわざ家まで来てくれる女性…こういう相手がいると、男としては幸せですよね。一応デリヘルを使えば似たような気分が味わえますが、その場合は相手が風俗嬢なので、結構お金がかかるのが難点です。

 

その点『愛人女性』に来てもらえば、お金のことは気にせずに遊べます。愛人募集サイトで見つけた女性とはお互いが性欲を解消するために会うだけであり、まさにWin-Winの関係ですね。普通はラブホテルにて落ち合うことが多いと思いますが、私の愛人はいつも家まで来てくれますよ。

 

その女性の名前はA(仮名)と言いまして、独身ではなく既婚者です。そんな既婚者が私の家に通ってくれる姿はまさに『通い人妻』ってやつでして、デリヘル嬢よりもエロいですよね?今のような関係になるまで、愛人募集サイトではいろいろとありました。

 

最初に話しかけたのは、私のほうからです。Aはなかなか理想の相手が見つからないとぼやいており、私に対して真っ先に聞いてきたのが『住んでいる場所』でした。ただ、Aの場合は近ければいいというわけではなく、『通えるけど普段は行こうとはしない距離』という、なんともいえない距離間を希望していたのです。

 

その答えは簡単で、「あまりにも近すぎると浮気がバレるし、かといって遠すぎると会えないから」というものでして、Aの家から電車4駅くらい離れた私というのは、ちょうどよかったみたいです。こういう基準で相手を選ぶのって、珍しいですからね。

 

なお、セックスするときは私の自宅で行うのですが、最初にアパートに来てくれたときはすごくドキドキしましたね。まるで彼女を家に誘ったような気分でして、こんなドキドキは学生の頃以来だと思います。家に来てくれたAは帽子とサングラスで変装していたものの、外すと普通に綺麗でした。

 

そんな女性が私に会うため自宅に来てくれた…この事実は、セックスを盛り上げるのに十分過ぎますよね?Aが来る前にコンビニでコンドームを購入しておきましたが、初日から結構な数を使ってしまいまして、「また補充しないとなぁ…」という、うれしい悩みが発生しました。

 

そして愛人募集サイトで知り合ってから3ヶ月以上が経過しましたが、今でもAは通えるときは我が家に来てくれて、思う存分セックスをしています。通い人妻は風俗以上の興奮を与えてくれるため、愛人を作るならぜひ狙ってくださいね。

 

自宅が嫌なら近くのラブホを使うのもいいでしょうし、楽しみ方はいろいろあります。