セックス相手を探せるサイトでは、大抵がそこまで親密にはなりません。そういうサイトを使った人の意見としては「最後までセックス相手の性格も本名も分からなかった…」というものが多く、火遊びに使う人が多いでしょう。

その点で言えば、愛人募集サイトはちょっと違うかもしれません。愛人っていうのは『夫や妻以外の愛すべき恋人』みたいなポジションなせいか、愛人募集サイトで知り合うと親密になれることもあり、私もとある女性に可愛がってもらってます。

その女性は、くだんの愛人募集サイトで知り合いました。相手の名前はT(仮名)というのですが、Tは夫と長いこと離れて暮らしていたせいか、「最近はあまり夫に愛情を持てなくて…」と話していましたね。もっとも、経済的な理由もあってか、お互い別れるつもりはないみたいです。

そんなTは自分好みの男性を愛でたくて、愛人募集サイトで声かけをしていました。そしてTのお眼鏡にかなった私はデートに誘われて、恋人もいなかったから普通に会ってみたんです。

愛人募集サイトで知り合った女性とかなり親密になれました

Tの年齢はすでに40代ってことで、若い子ほど綺麗な肌ではありません。しかしメイクが上手くて元の顔立ちが整っているせいか、可愛いというよりも綺麗でエロく、色気があるって表現がぴったりですね。

そんな好色そうに見えるTとも、最初はデートからです。一緒に公園でボートに乗ったり、ベンチに座ってお茶を飲みながら談笑したり、夫とは楽しめないような時間をしっかりと満喫していました。

そして待望のセックスタイムということで、ラブホテルに行きました。Tはこれまでも結構遊んでいたのか、ラブホテルの使い方にも慣れていて、むしろ私のほうがリードされていましたね。Tは年上ってことを自覚しているのか、面倒見もいいです。

ちなみにセックスでは愛し合うプレイが好きなのか、極端にがっついてくることはありません。むしろキスや愛撫に時間をかける丁寧なスローセックスって感じで、「やっぱり、旦那とはできないことをしたいんだろうなぁ…」と思いましたね。

私もTに付き合って恋人っぽくしていたら、Tもかなり感じやすくなり、私の腰振りに何度も体を震わせました。私はそこまでテクニシャンじゃないので、シチュエーションに興奮しているみたいです。

そして私との時間を気に入ったTは「これからも愛人としてよろしくね」と誘ってきて、私もそれを受け入れました。セックス相手としては申し分ないし、愛人関係っていうのも悪くないですからね。