昔に比べて性に関する認識が乱れた一方で、プラトニックにこだわる人はとことんなまでに純愛を貫こうとしています。たとえばキスフレやソフレなんかは、本来雄と雌に分かれる人間にはあるまじき関係でしょう。

そのせいなのか、愛人募集をしている人妻たちも『求めている関係』が結構違います。激しいセックスを求める女性もいますし、「愛人とはデートだけ楽しみたい…」という女性もいるため、愛人募集に応じるならそこを注意しましょう。

私が愛人募集サイトで知り合った女性は、最初は「デートしませんか?」としか言ってこなかったため、判断が難しかったですね。正直なところ、デートだけなら普通に彼女を作るほうが良かったので、会う必要性は薄かったのです。

しかし、今ではこの女性と会う度にセックスできているので、私にとってはいい関係が作れたと思います。相手の望みがよく分からない場合は、とりあえずデートして様子を見るのがいいかもしれませんね。

愛人募集サイトで知り合った女性とは毎回セックスしないと終われない!?

その女性は40歳になったばかりで、見た目はとても綺麗です。愛人募集なんてしなくとも夫に可愛がられていそうな印象ですが、どうやらそうでもないらしく、「夫とはデートできなくて…」とぼやいていました。どんなに綺麗な奥さんを作っても、やはり男は飽きてしまうのかもしれません。

だからなのか、私とのデート中はとても楽しそうです。40代になると女性もデートに興味をなくすと思っていましたが、相手の様子を見るからに「女性って、やっぱりいくつになってもデートが好きなんだな」という印象でした。

ここまで書くと、プラトニックな関係で終わってしまいそうでしたが…別れ際に手を握ってみると、相手は嫌がらずに握り返してきたので、率直にホテルへと誘ってみたのです。やっぱり愛人として会ったのなら、セックスせずに終わるのはもったいないですよね?

もしもここで誘わなければ、プラトニックな関係が維持できたかもしれません。しかし、相手女性は断る理由がなかったのか、「あなたがしたいなら…」と受け入れてくれました。少し主体性がない返事なのは、『この女性にとってはどちらの関係も好ましいから』なのかもしれませんね。

しかしセックスになると相手も積極的で、十分楽しめました。デートだけでなく旦那とはセックスもしてなかったようで、セックスに誘ったのは正解だったと痛感したのです。

これ以降も愛人関係は続いており、最後はきちんとセックスで締めています。プラトニックな関係に我慢できないなら、自分から誘わないとダメですね。