mariko
篠田麻里子さんと言えばAKB48でもスタイリッシュな体型とお姉さんキャラで一躍有名になった人ですが、とある番組の際に占い師から「あなたは天性の愛人顔を持っている」と言われたことがあります。

そう言われてみたら篠田さんはAKS社長と愛人関係にあると報道されることもありその天性の才能の片りんを見せていましたね。
個人的な意見ですが、愛人をやるにも美貌と同じレベルの「運」の要素も考えられますよね。
篠田さんはAKB創世記からオーディション無しで加入できる待遇を受けました。それもAKS社長が篠田さんを福岡の中州のキャバクラでお気に入りだったことだったというそうです。

早い話が地方のお気に入りを近くに置いておきたい社長の願望だったのかもしれません。
ですが、普通では考えられないようなシンデレラストーリーを送っています。
それは篠田さんにしかない強運があったからではないのでしょうか。

もちろん、運だけではやっていくことはできません。彼女は4日間の間にAKBの12曲振付を完璧にマスターをした努力家でもあります。
その逸話は初期の頃からファンの間で話題になり彼女の努力を評価するファンを多く生み出しました。

才能×運×努力どの要素もバランスがよくないと今の地位につけなかったのかもしれません。

顔相家も認める篠田麻里子の愛人素質

そこで彼女に関する面白い記事を見つけました。
篠田麻里子は究極の愛人顔!?

この記事に関する内容をまとめると顔相家は彼女は「開運顔」という。
顔立ちからして「運」を呼び込む性質を持っていると言えるのでしょう。彼女が笑うと目尻の垂れた可愛らしい笑顔になるのも男性を引き付ける魅力のうちのひとつではないのでしょうか。
特に顔相家はこう分析する「年上の男性が好む顔をしている」と。
バッチリ愛人の適性を持っていると言えますよね。最近の愛人イメージキャラクターで名を馳せている橋本マナミさんとはまた違った性質ではありますが自分より年上から好かれるのは凄く納得がいきました。
実際に彼女のファンには40代50代の男性が多いというのも以前イメージ調査の際に出ていたのでこれも分析結果と同じと言えます。

そんな愛人イメージのある彼女ですが、AKB48を卒業後アパレル会社の運営を辞めてタレント活動に集中しているようです。
彼女ほどの逸材であるならばタレント活動をしなくても愛人からいっぱいオファーを受けるはずなのに続ける理由は自分のブランド作りからくるものでしょう。
プライドの高い彼女の活動を管理人は今後も期待しています。