愛人と言うとグラマーな女性がパトロンに囲われるイメージを持たれる人もいると思いますが、巷ではプチ愛人という言葉が少しずつ広がっているようです。

・普通の愛人とプチ愛人の違い

毎月のある程度の金額を渡して囲いこんで一緒に過ごす契約形態は変わりませんが、プチは期間が短いということです。

そのメリットはお互いにあるのかもしれません。

短期なので深い仲にならず後腐れがない。長期だと束縛される意識が生まれるが短期だと派遣期間のように定められている為気が楽な面。愛人の回転率を上げることができるなど、人にもよりますがメリットを感じる部分があるのではないのでしょうか。

 

・独占欲が強い人には向いてない

プチ愛人を希望する女性は増えている傾向ですが、愛人とは元々お気に入りの娘を囲い込んでおく為のものであり鳥かごに入れるような形でした。

ですが、プチの場合期間が過ぎたら終わりなので相手がそれ以上を継続しない限り向こうの意志でやめる事も可能なのです。

せっかくお気に入り娘と出逢えたけども継続の意思がない場合は無理強いできない。

 

・女性側は軽い気持ちで愛人体験できる

プチと言うワードは何でも軽く感じさせます。プチ整形しかりとっつきやすいワードということかもしれません。

その為最近の女子大生は不特定多数の風俗よりも一人の男性と決まった額が貰えて短期間ならばプチ愛人を選ぶことがあります。

女性側としても継続したい意志があれば、相談してプチ愛人からいつの間にか愛人関係になっていくことも珍しくありません。

愛人に定義は特にありませんが、プチとつけるだけで受け入れるハードルが下がるのであるならばまずは、プチ愛人から始めてみないかと声をかけるのも一つの手です。

 

まとめ

最近のトレンドワードは流行り廃りが激しくついていくのも困難です。

セフレの次はソフレ・キスフレ。そして最新のハフレ・オフレなど初めて聞いたら全然理解できないワードが若い人たちの間で溢れかえってます。

時代によって生まれる関係や言葉があるようにちょうどいい関係を求めあうのもトレンドがあるのかもしれません。

僕は、愛人を1人抱え込んでいますが、プチ愛人もいいですね。

まずはお試しと言ったところでお互いの身体の相性を試してみるのもありです。

僕は体の相性よりも顔の好みの方が大事なのでセックスは2番目でいいんですが人に寄っては体を優先するのかもしれないので、まずはお試しで始めてみるのもよいかと思います。