実は私、20代後半までは結構なスポーツマンでした。趣味は筋トレとランニングで、ランニング用の時計やちょっとしたトレーニング機器なども所有しており、自分で言うのもなんですがいい体をしていました。

そのおかげで友人たちと旅行したときも、一人だけ息切れせずに坂道を登り続けられて、「どんな体力してるんだよ!」と言われましたね。そういう言葉こそが私のモチベーションであり、がっしりした体ゆえに恋人も作れたのですが…。

結婚するといろいろと忙しくなってしまい、運動をサボりがちになってしまいました。運動をしたことがある人ならお分かりでしょうが、運動していた人間が急にやめると一気に太りやすくなってしまい、私が30半ばに突入する頃には、見事な肥満体型になってしまったのです…。

運動をやめたのも大きな原因だと思いますが、妻にもちょっとだけ原因があります。それは『あまりセックスをしてくれなくなったこと』であり、それを指摘すると「私のせいにしないでよ…」と呆れ気味でした…。

セックスという行為は、実はすごく体力を使います。だからセックスしまくりの新婚夫婦は非常に痩せやすくなっており、その消費カロリーを物語っているでしょう。実際のところ、妻が仕事に復帰してセックスしなくなってから、私の肥満も加速したのです。

それでもなおセックスしてくれない妻に絶望し、私は愛人募集サイトを使い始めたのですね。愛人募集サイトではすぐにセックスさせてくれる女性が多く、私は「ここでセックス相手を見つけてやりまくれば、肥満体型も改善されるかも…」と期待したのです。

そして見つけた女性は「何度でもセックスしたい!」と話す、30代の欲求不満な女性でした。私の妻は疲れているとすぐに寝てしまうほど性欲がないため、真逆のタイプです。普段はこういう女性は苦手ですが、ダイエットのためならば問題ありません。

相手は騎乗位が好きみたいですが、できるだけ早く痩せたかった私は、正常位やバックでやらせてもらいました。やはり痩せるなら『男が主体になって動く体位』が良くて、最初のうちはこれだけでも息切れしていましたね。

しかし愛人募集サイトで知り合って2ヶ月が経過する頃には、私も息切れしにくくなっていました。それに体重も減っており、少しだけ体型が引き締まったから、妻にも「最近、ちょっとだけ素敵になったね」と褒められましたよ。

どうやら妻も肥満体型の私が嫌みたいなので、痩せたらセックスレスも改善できるかもしれません。