世の中には愛人を作って生活を充実させている男性はたくさんいますよね。
相手の女性もいろいなタイプがいますが、あなたならどんな女性を愛人にしたいと思いますか?
ここで『きれいな女の子』や『若い女の子』と答える方は過半数を占めているのではないでしょうか。
愛人といえば”年齢差のある恋人”というイメージが湧きやすいですよね。
これは単にイメージというだけではなく実際に『愛人関係』であれば年齢という壁を超えやすいというデータもあるんです。

この記事を読んでいる男性は”愛人募集をしたい人”や”愛人を作りたいが上手くいかない”という人が殆どだと思います。
今回はそのような男性の為に『若い女の子を愛人にする秘訣』というテーマでちょっとしたアドバイスを書いてみたいと思います。
是非参考にしてくださいね。

愛人募集では若い男性には無い魅力で勝負する

例えば50歳の男子が20代の女性にアプローチするとして、ライバルに20代の男性がいた場合は勝ち目は殆どないと思ってもらっていいと思います。
ただし、これは見た目の話であって中身で勝負するとなるとまた話は変わってきます。
若い男性は人生の経験も浅く、話す内容もペラペラで”人”としての魅力が無いような男性も大勢います。
その点、50歳の男性は人生経験も豊富で”人”としての器も大きく魅力的な男性も多いのです「。
ここで大事なのはその”魅力”をいかにアピールするかという事です。
具体的な方法としては

  • 女性の言いなりにならない
  • 仕事の話をする
  • 流行りに乗らない

などです。
女性の言いなりにならないというのは”ワガママを聞かない”という事ではなく、”主導権を握れ”という事です。
一般的に女性が主導権を握るほうが恋愛は上手くいくと言われていますが、年齢差がある場合は逆なんです。
愛人募集で出会う若い女性は主導権を握ろうとする傾向が強いですが、男性側が毅然とした態度で対応する事で『この男性は普通の男性とは違う』という印象を与える事ができるのです。
仕事の話については若い男性はあまり話そうとはしないので、難しい仕事の話をする事で『なんか良く分からないけど大変そう・・・私が支えてあげよう』という母性本能をくすぐる事ができますw
流行りに乗らないというのは『チャラチャラしない』という事です。若い男性にはない『渋さ』で勝負していきましょう
『渋さ』とは服装、話し方、態度など全てにおいてアピールする事が可能です。

いかがだったでしょうか?
これから愛人募集を始めようと思っている人は参考にしてくださいね。