例えばいくら高額な報酬金額をもらえると言っても、ハゲて中年太りな男性とセックスをする事には抵抗があります。
ダンディという言葉がしっくりくる舘ひろしみたいな男性と愛人関係になりたい。
そんなふうに思って愛人募集サイトを利用し始めたのです。

あと私がイメージする愛人とは生活費や住む場所など全て報酬で養ってくれる男性です。
1ヶ月の1人暮らしの生活費が20万円だとして、そこにちょっと贅沢をしたり愛人のうちにお金を貯めたいので貯金も出来る金額を希望すると月額40~50万円支払ってくれる男性が理想です。

高所得の男性は滅多にいない

高望みしすぎて愛人募集サイトで出会えない
ですが愛人募集サイトを見て思ったのが、一般的に50代を過ぎた男性の多くはハゲてしまうし中年太りで太っていて格好いい男性なんて芸能界にしかいないという事です。

それに報酬金額にしても月額50万円クラス支払ってくれる男性なんてほんの一握りの男性だけです。
多くの報酬金額というよりもお小遣いと言える額を提示してきます。
さすがに不景気だし愛人にそんなにお金を支払えない男性が多いという現実を知る事が出来ました。

またもしかすると愛人募集をしている男性の中には、見た目も若々しくて格好良く経済的な余裕もある報酬金額を50万円出してくれる男性もいるのかもしれません。
ですがそういう女性が選ぶのは昔も今も変わらず銀座のホステスになれるぐらい教養もあり美人でスタイルのいい一握りの女性だけなのでしょう。

掛け持ちで稼ぐしかない

高望みしすぎて愛人募集サイトで出会えない
結局私が選んだ道は、愛人募集サイトで複数の愛人の掛け持ちをするという事です。
愛人といってもマンションに囲われる訳ではなく、お小遣いをもらう程度で月に3~4回会う程度です。
それなら会う曜日をズラして3~4人の男性の愛人になればいいのです。

愛人関係は割り切りの関係なので、愛人として出会っている時間帯以外はお互いに相手を束縛したりプライベートを覗き見るような行為はしません。そもそも男性だって奥さんがいて不倫をしている訳ですから、自分が他に愛人がいたとしても男性にバレなければ問題ないという気持ちでいます。

そして3~4人の男性から月々10万円程度お小遣いをもらっていたら、合計で40万円の報酬金額を手に入れる事が可能です。
真面目にコツコツと働くよりも愛人の方が簡単に稼ぐ事が出来ます。
ただ愛人にもタイムリミットがある事は分かっているので、若いうちに稼いでお金を貯めておくつもりです。
後は将来のために自分に投資をして、資格でも取ろうと考えています。