今回は壇蜜さんの愛人イメージを分析したいと思います。

danmitsu

管理人の個人的な意見なのですが、壇蜜さんって愛人イメージじゃないんですよ。

どちらかと言えば杉本彩系統のセクシー路線タレントの方が色濃いと思っていたのですが、世間のイメージは壇蜜さんが圧倒的なんですよね。

壇蜜愛人イメージ参考資料

タレントとしてもキャラクターが強いのでHなお姉さん=愛人という関連付けになるんでしょうかね。

壇蜜さんにまつわる愛人の話ってソースが無い物ばかりで未だにクリーン要素も含むエロタレントは希少種なのではないでしょうか。

壇蜜さんが愛人イメージを持たれる理由を管理人なりに3つ推測してみました。

ミステリアスな過去

壇蜜さんの過去って芸能界に来るまで紆余曲折な道のりがあったんですね。

簡単にまとめると「調理師」⇒「銀座のホステス」⇒「葬儀屋」⇒「グラビアアイドル」となりますが、とても一般人が歩めるような人生ではありません。

調理師時代にお店の出資者が急死したことから「死」について考えるようになり葬儀の道に行くという思考と行動力にも驚かされますよね。

もしかしたらなんですが、管理人は壇蜜さんのことを生まれながらにしてこの性質を持った人ではないかと思っております。

壇蜜さんは幅広い支持者を持っています。セクシータレントと言えば男性支持が圧倒的なイメージですが女性からも支持されているのは数々の発言やそれを裏付ける過去が「この人本気の人だ」と思わせる説得力があるのではないかと思っております。

闇を持つ雰囲気

管理人が一番触れたかった部分はここなんですね。

壇蜜さんって「愛人」よりも「未亡人」のイメージがあるんですよ。

それは葬儀屋を経験した過去と死について考えるようになったからでしょうか人間の「闇」を漂わせているんですね。

それが、儚くて麗しいようにも映ります。実際にアダルトビデオでも未だ根強い人気を誇るジャンルなので年配の方からの支持があるのも頷けます。

恐らくあの雰囲気は作られたものではなく、悲しい事実を受け入れて哀愁を発しているようにも感じます。

セルフプロデュース能力

上記にも触れていますが、壇蜜さんの雰囲気は過去の経験から来るものと推測してますが雰囲気だけでは売れるタレントにはなれないと思います。

恐らくですが壇蜜さんはよく考える思考をしているはずなので知性が高いと思っています。

その為自分の役割を把握して発言する内容を考えて行動していると考えられます。

実際に愛人イメージが定着するのを嫌い橋本マナミに席を譲ったところを見ると壇蜜さんは次のステージへ進もうとしていると考えられますよね。

彼女の魅力は雰囲気や容姿だけに留まらずあの知性にも表れていると思います。